ダイビング器材:グローブを選ぶポイントとおすすめはコレ

ダイビンググローブ2mm~4mm厚 グローブ・ブーツ
ダイビンググローブ2mm~4mm厚
この記事は約16分で読めます。

この記事ではダイビンググローブの選び方とおすすめポイントについて紹介しています。年間を通して月1ペースでダイビングを楽しんでいる管理人が、たくさん試したグローブのおすすめについても書いていますので、どんなグローブを買おうか悩んでいる方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイビンググローブを選ぶポイント

ダイビング器材の選び方について、良く書いていますが、いつも私が気にしているポイントは「濡れた時に着脱がしやすいか」です。
ダイビング器材は濡れるのが当たり前ですが、買う時は乾いているので、濡れた後の扱いが楽かどうかで、快適さが変わります。つまり使ってみなきゃわからない(汗)ということになるので、いくつか試してみておすすめの商品を書いてみますね!
グローブの選び方のポイントです。

  • 濡れた後でも脱ぎやすく、はめやすいか
  • 暖かく、指が動かしやすいか ←重要!
  • 水温16度~25度くらいまでに耐えられるか

マリングローブのおすすめ

こちらでは、あくまで私が使用したものだけに絞って使い勝手を書いています。他にも良いものがたくさんあると思いますので、試してみたら追記していきますね!

エアースキングローブ0.5mm

夏~秋にかけて使っています。
エアースキンはインナーでも絶賛おすすめしていますが、グローブもおすすめです。
何度もリピートしています。あまりネットで売っていないのが困るのですが・・。
手のひら側が、滑り止め機能があるメッシュスキンとなっていて、フィット感抜群です。
ぴったりと貼りつく感じですが、脱ぎやすいしはめやすい。カメラも操作しやすいし、エントリー前にはめてしまっても、フィンやマスク脱着など細かい操作も全く問題ないです。ある程度水温が高い時のダイビングで出番が多いグローブです。ブランド物よりちょっとリーズナブルなのもうれしい。

マレス フレクサクラシックグローブ 3mm

春先・初冬に使っていました。今はあまり販売されていないようです。3mmあるので、そこそこ暖かく脱着しやすいのですが、動かしやすさという点ではちょっとゴワゴワしていてそこまで操作性が良くないので、今は使っていませんが、比較的お安いのでカメラを使わない人にはおすすめです。メルカリなど中古で試してみるのが良いですよ。

ワールドダイブ メッシュグローブ 3mm 

一番おすすめのグローブで、愛用しているグローブの1つです。真冬以外はほぼこれでまかなえると思いますので、1つ持っていると便利です。20度くらいまでは問題なかったです。
が、リピートしにくい価格なので、穴が開き始めたのですが、そのまま使っています・・汗

  • 裏地が起毛保温素材なので、暖かく、はめやすさも抜群
  • 表地はメッシュスキン素材で、指先も寒くない
  • 3mmでも動かしやすい
  • 値段は高め!!!
  • ワールドダイブのグローブは1mm、3mm、4mmと各種あるので購入時はご注意を・・

伊豆はビーチエントリー時に岩場やロープにつかまることが多いので、中級者でもグローブに穴が開きやすいです。結構、お高いので、ボートエントリー時に使うことをおすすめします・・。

ワールドダイブ メッシュグローブ 3mm
ワールドダイブ メッシュグローブ 3mm

フォトメタルウィンターグローブ 2.5mm

ワールドダイブのメッシュグローブが高額なので、ウィンターグローブで代わりのものを探していて見つけました。最近使い始めたグローブです。フォトメタルウィンターグローブは、フィット感良し、保温性良し、脱着良し、操作性良し、何より安い!!今後のリピート購入が間違いなさそうな商品です。
裏面にリペルコーティング加工が施されていて、スベスベしているので、脱ぎやすいです。
何より水中でカメラ操作もしやすいし、水温17度で使いましたが寒くないので本当におすすめです。

フォトメタルウィンターグローブ 2.5mm
フォトメタルウィンターグローブ 2.5mm

販売サイトの公式HPの説明が一番わかりやすいので、検索バーに「フォトメタル」と入れてご覧ください。

https://www.sonia.info/

4mm以上のウィンターグローブはどうなのか

初心者の頃、真冬の伊豆で指先が凍えてしまって、厚手のグローブを探しまくりました。
私はダイビング用品を買う時、まずはネットで良さそうな商品を特定して、次にメルカリで中古を探します。使い勝手がわからないのに、高額なものをいきなり定価・新品で購入することはほとんどなくなりました。

4mm~5mm厚のグローブで使ったことがあるのは、ワールドダイブのマルチヒートグローブですが、正直、私は上手く使いこなすことができませんでした。
水を通さず、保温性の高い素材が使われていますが、厚さが4mmあると生地の伸縮性がなくなるので、手が動かしにくく、結局指先が冷たくなってしまいました。
かなり水温が低いところでダイビングをする方向きかな、と思います。冬の伊豆での通常ダイビングでは3mmでも十分に保温できました。

  • 厚いからと言って、必ずしも暖かい訳ではない
  • 厚みと使いやすさは反比例していく
  • 厚さより素材が大事
  • 厚さがなくても素材やフィット感で暖かく過ごせる

みなさま、安全で快適なダイビングを~♪

フリマアプリは、使用頻度が少ないダイビング器材が半額近い金額で出品されていたりするので、探してみてください。新品が欲しい方はダイビングショップで現物を確認して購入するか楽天やAmazonなどのWeb購入ですね。中古で購入した場合はオーバーホールを忘れずに!
メルカリ未登録の方は、よろしければこちらの招待コードをお使いください。
登録はブラウザからではなくアプリからどうぞ!!
CTDGMY

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グローブ・ブーツ
いのこの潜り人ブログ
タイトルとURLをコピーしました