ダイビング旅行向けスーツケースのおすすめタイプについて

スーツケース ダイビング旅行
スーツケースの種類
この記事は約20分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイビング旅行で飛行機に乗ることが多いので、荷物を20kg以内に納めつつ、重い荷物をどうやって空港や目的地まで運ぶのか日々工夫しています。この記事では、ダイビング器材を運ぶのにおすすめなスーツケースのタイプについて書いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイビング旅行のパッキング

ダイビング旅行のパッキングは大変ですよね。
今まで、国内外の様々なダイビングポイントに行きましたが、私はパッキングしている時が一番ワクワクします。同じ気持ちの人っていないかなぁ・・。
とはいえ、重たい荷物を空港まで運ぶのが大変すぎて毎回悩みます・・。キャスターがあるのに手が重さに耐えられなくて、空港に着いたら、腕がプルプルしていることが多いです。笑
大事な器材を効率良くパッキングして、空港や目的地まで運ぶ方法について書きたいと思います。

ちょっと恥ずかしいのですが、私のダイビング器材フルセットのパッキング公開します。
こちらは、春先の石垣(ウエットは5mm上下)4泊5日へ行く際の写真です。このスーツケースに、40リットルのバックパックをしょって行くのが定番です。
4泊5日くらいまでなら、スーツケースとバックパックで強引に現地まで行きます。
このスーツケースは101リットルです。

この時の重さは約19kgでした

1週間くらいのダイビングの場合、機内持ち込みサイズのスーツケースを追加して、小さいスーツケースだけを宅配便で送ります。
ヤマト運輸の宅急便センターから送ると割引になるので、いつも「宅急便をスマホで送る」サービスを使っています。離島の場合、早めに送ってくださいね。

宅急便をスマホで送る | ヤマト運輸
クロネコヤマトでおなじみ、ヤマト運輸のウェブサイトの「宅急便をスマホで送る」ページです。本サイトでは荷物のお問い合わせ、集荷・再配達受付、個人法人を問わず宅急便などの商品・ サービスや物流を最適化するソリューションを紹介しています。

コンパクトにできるBCについてはこちらをご覧ください。
ダイビング器材:BCDを選ぶポイントとおすすめはコレ

ダイビング旅行向けスーツケースのタイプ

初めてのダイビング旅行で、どういうスーツケースを買うか、数か月悩みました。
私のダイビング用スーツケースに求める条件はこんな感じです。
正直、この条件はかなり厳しくてなかなかありませんね。笑
自論ですが、高級ブランドのスーツケースは多機能になりがちで、重量が重めの傾向です。

  1. 軽いもの、できれば2~3kg台に収めたい(私にとって4kg以上は重い!!)
  2. 両面にファスナー付きディバイダーあり、最低でも片面は必須
  3. できれば、2~3万円 格安すぎるのは避けたい
  4. 開閉はファスナータイプ(軽量化したいから)
  5. パンパンにつめて20kg以内に収まるくらいの大きさ(大きすぎると荷物を詰めすぎて重くなる)

ダイビング旅行向けのスーツケースにはいくつかタイプがあります。

  • ダイビングブランドのキャリーケース(ナイロン製)
  • ダイビングブランドのハードキャリーケース(ポリカーボネート製など)
  • 普通のスーツケース

ダイビングブランドのキャリーケース(ナイロン製)

国内で良く見かけるのは、ナイロン製のダイビングメーカーが出しているキャリーケースです。
このような商品ですね。男女問わず使っている方が多いです。濡れた器材をメッシュバックのままガサっと詰められるのが便利なのだと思います。

ダイビングブランドのハードキャリーケース(ポリカーボネート製など)

あまり見かけないですが、ダイビングメーカーが出しているハードシェルタイプのスーツケースもあります。GULLは本当にデザインがカッコいいな・・。

普通のスーツケース

最終的に私の探しているダイビング用キャリーケースの条件に合致したのは「普通のスーツケース」
行きついたのは、別にダイビングに特化しなくてもいい、ということでした。

  1. 軽いもの、できれば2~3kg台に収めたい(私にとって4kg以上は重い!!)
  2. できれば、両面にファスナー付きディバイダーあり、最低でも片面は必須
  3. できれば、2~3万円 でも格安すぎるのは避けたい
  4. 開閉はファスナータイプ(軽量化したいから)
  5. パンパンにつめて20kg以内に収まるくらいの大きさ(大きすぎると荷物を詰めすぎて重くなる)

ダイビングメーカーのキャリーケースにしなかった理由は以下の通りです。

  1. 普通のスーツケースにしておけば、ダイビング旅じゃなくても使えるから
  2. 4輪じゃないと空港まで運ぶのが無理(自宅から目的地まで宅配で送る人は2輪でも良い)
  3. 帰りに濡れたものをしまうのは、器材をごみ袋に入れれば解決!
  4. ダイビング特化用の商品はほぼ全て重い(大体4~6kgが主流)
  5. 海外渡航の場合、ナイロン製キャリーが耐えられるか微妙

色々考えましたが、ダイビングメーカーのキャリーバックは2輪で重いものが大半なので、普通のスーツケースを探しました。
ファスナーのディバイダーが両面にあるスーツケースって、どうしてこんなに売られていないんでしょうね。絶対にあった方がいいと思うんですが・・。
開けた時に片側の荷物がガサっと落ちるのが、パッキン好きの私としては、本当に気持ちが萎えるのですが、ニーズがないのかしら。。私だけなのでしょうか??
軽量・安い・ファスナーディバイダーあり(でも片面)・有名メーカーということで、アメリカンツーリスター エアーコニックLサイズをガシガシ使ってます。ただ海外には持っていったことはないです。
2万円前後で買えて、Lサイズは101リットル、3.2kgということで、もうこれしかないな、と思いました。2万円なら4~5年使えれば十分です。両面にファスナーディバイダーが欲しかったけど、いくら探してもなかったです。(高くて重ければいくつかあります)

おまけ:ダイビング旅におすすめのバックパック

国内外のダイビング旅行で、スーツケースのお供にするバックパックを探しまくって、ようやくたどり着いたのがこちらです!
いくつか試しましたが、今はこちらの商品に落ち着いています。
公式ホームページの写真が一番わかりやすいのでご参考までに。
イーグルクリーク(Eagle Creek) カーゴハウラーダッフル 40リットル

カーゴハウラーダッフル 40L/ - Eaglecreek(イーグルクリーク)公式ブランドサイト by エイアンドエフ
キャリー バッグや旅行に便利なグッズのエ&#12461...

イーグルクリークのダッフルバックがダイビング旅に向いていると思うおすすめのポイント!!

おすすめポイント
  • 多少濡れても平気なので、日帰りダイビングにもガシガシ持っていける(完全防水ではない)
  • 軽くて耐久性がある素材
  • デザインがカッコいい、ロゴが控えめ ←ノース〇イスはロゴ主張が苦手で止めました
  • 大きめの独立ポケットが両サイドに2つ、片方に化粧品、片方にビーチサンダルを入れている
  • 内部には付け外し可能なディバイダーあり荷物の仕分けができる
  • 手提げ、ショルダー、バックパックの3ウェイ仕様
  • こんなに容量が大きいのにパッカブル仕様!!ただ出番が多すぎて畳んだことはないです

楽しいダイビングライフをお過ごしください~~!

コンパクトにできるBCについてはこちらをご覧ください。
ダイビング器材:BCDを選ぶポイントとおすすめはコレ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ダイビング旅行
いのこの潜り人ブログ
タイトルとURLをコピーしました