2023年4月のダイビング:沖縄 石垣島

ナンヨウマンタ ダイビングログ
石垣島のマンタ
記事の情報は執筆時点のものであり、閲覧時は変更になっている場合がございます。予めご了承ください。
広告
広告

4月8日の石垣の気温は22度!水温もだいぶ上がってきましたが、まだまだ北風が吹くので寒いです!4月の沖縄の水温や見られる生物などをご紹介します。


那覇を経由して石垣島に行く場合、那覇泊のおすすめホテルについてはこちらをご覧ください

広告
広告

石垣島でおすすめの宿

石垣島で滞在した宿「パティーナ石垣」はダイバーにおすすめの宿です。

ホテルパティーナ石垣島

パティーナ石垣島の詳細レポートはこちらをご覧ください。

2023年4月:石垣島 ダイビングログ

4月8日~9日の石垣島の気温は22度、水温は24度でした。あいにく北風がビュービュー吹く曇り空だったので、体感は真冬並みに寒かったです。男女含めて全員がボートの上で震えるレベルの寒さ。私は、5mmの起毛ウエットスーツに加えて、エアースキン1mmの上下を着用。それでも2本目からは寒く・・。エアースキンの上下に、起毛ラッシュガードを重ね着し、モコモコの状態で潜りました。

4月~5月の沖縄は、天気が悪い場合は5mmウエットとフードベストだけでは寒いです。是非あったかいインナーをお忘れなく!
起毛ラッシュガードのおすすめアイテムはこちらです。私は女性なのですが、メンズのMを着ています。メンズの場合、上着の丈が長めなのでおしりまで隠れてちょうどいいです。もちろん、レディースサイズもあります。

GULL(ガル) ウォームヒートラッシュ ロング
2023/4/7~8 石垣島ログ(1日3ダイブ)
場所:石垣島
水温:23~24度
ポイント名:名蔵湾、竹富島トカキンの根、黒島ツインロックなど
最大水深:20m
平均水深:12m
うねり:結構あり
透視度:10m~20m

初日は波が高く、湾内でのダイビングとなりました。初めて石垣でマクロ生物をひたすら観察することに。たまには良いけどねっ。

巨大なナマコをひっくり返したら、ウミウシカクレエビ発見!そう、これはウミウシの裏側です~。
不思議な色だなぁ・・。

ウミウシカクレエビ
ナマコの裏側に潜んでいたウミウシカクレエビ

珍しくはないですが、アケボノハゼはカワイイから好きです。

いつみてもカワイイクマノミ。

ウルトラマンホヤもカワイイ。

することがなくなって仲良しそうな2匹をパチリ。

2日目はなんとか晴れたーーー!ので、速攻でマンタを見に行ってくれた。船長ありがとう・・。黒島ツインロックで、1枚だけ。

多分、これはサバヒー。イソマグロかも・・。初日とは打って変わって、青い!やっぱりダイビングに日光は良いですね。

黒島ツインロックで、アオウミガメ何匹いたかな・・。4匹目くらいから、誰も写真を撮らなくなりました。これは1匹目の子です。

4月の石垣島の天候

4月は、晴れの日が増えてくる石垣島。とは言え、曇り空や北風が吹くととても寒いです。寒がりさんは、暖かいインナー上下を持って行ってください。レンタルウエットの方は、フードベストだけでは、寒い日もあると思います。私が、いつも周りにおすすめしているエアースキンブラックメタリックスは、5月のGWくらいまで重宝しています。寒がりな女性ダイバーには本当にありがたいウェアです。

グローブは、こちらのフォトメタルウィンターグローブがおすすめです。生地の裏側がリペルコーティング加工がされているため水が染み込みにくいので、指先が冷えません。2mmの薄さでカメラの操作性抜群。真冬の伊豆でもこのグローブは耐えられるレベル。ノーブランドですが何度もリピしてます!

安全安心で楽しいダイビングライフをお過ごしください~

コメント

タイトルとURLをコピーしました